イラスト:けい

YAMATO2520 作品紹介

 

 かつて地球を幾度となく救った宇宙戦艦ヤマトという艦(ふね)があった―

星暦23世紀、人類の宇宙進出は銀河系の外にまで及ぶようになった。やがて地球を離脱、宇宙へ旅立ち、独自の文明を築き上げた者たちがいた。人類は長い平和の中で、繁栄の手を銀河系外まで広げていたが、人類の思惑をも大きく広がっていたのであった。そして、宇宙ではつかの間の平和に過ぎなかった。

 

星暦2415年、地球から独立した地球連邦、そして対立するセイレーン連邦による銀河に1つしかないと言われるモノポール、そして各地に点在している人知を超えた超科学文明の古代遺跡の争奪、銀河100年戦争と呼ばれる大戦争が勃発した。後に星暦2503年、休戦協定が締結されるまで続く―

物語の始まりは星暦2520年、M27球状星団のリンボス星から始まる。

セイレーン軍による抑圧の中で過ごしていた若者たちは、いつの日かリンボス星を飛び立つ夢を思い描いていた。ある日、若者の一人のナブは郊外にある地底軍艦の中からデータディスクを見つけ、それを使い、若者たちと共に自動造船工場で艦を造り上げた。だが、それは単なる艦(ふね)ではなかった。ナブたちの夢と希望を乗せて、YAMATOはリンボス星を飛び立つ!

自由をもとめて旅立ったナブたちを待ち受けていたのは、再び戦いの火蓋が切られた銀河100年戦争であった―

 

それを制する者、宇宙を制する

 

―1995年(実質には1994年)より「宇宙戦艦ヤマト」シリーズとして初のOVAリリースされた作品である。

1994年に本作品のプロモーションとして、「宇宙戦艦ヤマト 胎動篇」(「新 宇宙戦艦ヤマト」とされている)と「YAMATO2520 VOL.0」が製作された。この作品は、VOL.7(或いはVOL.9)まで製作予定されていたが、製作会社の倒産によりVOL.3をもって未完成のまま現在に至る幻の作品となっている。


音楽概況

 

作曲・編曲・指揮者:デビッド・マシューズDavid Matthews

音楽監督・ピアノ:羽田健太郎

演奏:ニューヨーク・ベスト・セレクション・オーケストラ・YAMATO2520

収録:1994年10月11日~14日

収録曲数:70曲以上

 

 「宇宙戦艦ヤマト」として初の洋人作曲者による、海外(ニューヨーク)での収録がされました。
今作の音楽は、「宇宙戦艦ヤマト」と同じくオーケストラとロックとの調和が特徴的でした。またジャズ要素も随所に見られ、これもYAMATO2520音楽の特徴と言えるでしょう。
「ニューヨーク・ベスト・セレクション・オーケストラ・YAMATO2520」はこの作品の為に編成されたオーケストラで、アメリカ5大オーケストラの1つ「ニューヨーク・フィルハーモニー・オーケストラ」とデビッド・マシューズ氏率いる「マンハッタン・ジャズ・クインテット」を含めた名奏者ロックグループの総勢72名で結成されました。
ヤマト音楽の原点回帰とも言える楽曲の数々で、一切従来の音楽メロディーは使用されず、ヤマト音楽の要素だけを活かした全く新しいヤマト音楽が誕生しました。

 製作会社の倒産により幻の作品となってしまった今作は、音楽についても蔵入りとなってしまい、羽田健太郎氏のピアノソロによる『アメシスのテーマ』等、今なお日の目を浴びていない楽曲が多数存在しています。


Copyright © 2012 ヤマト音楽集.